プロジェクト

絶滅危惧種であるニホンメダカの種の保存とメダカを活用した環境教育を目的として、安城メダカ(ニホンメダカ)を飼育繁殖させる里親プロジェクトです。

安城メダカ里親プロジェクト2020

コきちでは、絶滅危惧種であるニホンメダカの種の保存を目的として、平成22年に開催された「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」を契機に高まった生物多様性への関心をつなぎ、生命を尊厳する健全な心を育むために、固有種である安城メダカ(ニホンメダカ)を飼育繁殖させる里親プロジェクトを実施します。
本年度はコロナウイルス感染拡大防止のため、密接、密室、密集をさけ、実施することになりました。 *状況によっては急遽中止となることもありますのでご理解ください。

  • ■定員
  • 一般市民(小年生以上) 20名(先着順)
  • ■譲渡メダカ数
  • 1人5匹(雌3匹、雄2匹ずつ)
  • ■参加要件(次の要件をすべて満たすこと。)
  • ・エコきちが主催する以下の講習会を受講すること(講師は岩松鷹司先生)
    • 1.6月12日(金)、あるいは13日(土) メダカの譲渡(エコきち)
      参加者ごとに指定した日時に個別に講習、譲渡を行います。
    • 2.7月4日(土)13:30~15:00 メダカの生態(エコきち) ※実施未定
    • 3.10月3日(土)13:30~15:30 表彰式及びメダカ放流式 ※場所未定
  • ・適切な設備でメダカを飼育・繁殖すること
  • ・飼育できなくなった場合は返還すること
  • ・メダカを他人に譲渡したり、自然環境に放流したりしないこと
  • ・8月30日(日)までにメダカの飼育記録を提出すること(エコきちまで)
  • ・飼育中、飼育に失敗した場合、指導を受けて新たにメダカを入手できる
  • ■飼育・観察記録
  • ・配布した飼育・観察の冊子を使用して、記録してください。
  • ・8月30日(日)までに観察記録をエコきちまで提出してください。
  • ■表彰式及びメダカ放流式
  • ・増やしたメダカは、10月3日(土)の放流式に持ってきてもらい、一斉に放流します。
  • ・飼育実績、観察記録から講師による表彰を行います。

【連絡先:エコきち 電話0566-98―3784】

メダカ写真
上にもどる